2024年5月のヘレシーブックス

石川 九楊岩波書店

著者は実作者の目をもって書と対話し、ひらがなという大河の最初の一滴にさかのぼる。「つながる」という本質に注目しながら、美の宇宙を読み解くこころみ。

アンディ・ブラッセカンゼン

「東欧最強クラブ」と呼ばれて久しいウクライナのサッカークラブ、シャフタール・ドネツクは、2014年以来、ホームスタジアムでプレーしていない。シャフタール関係者の膨大な証言を通して、知られざる流浪の英雄たちの戦いに光を当てる。

米田 彰男筑摩書房

キリスト教において正典とされる四つの福音書のどこにも、イエスの笑いは出てこない。だがナイル川流域の土中から一九七〇年代に発見された『ユダの福音書』では、イエスは四度笑っている。一人のグノーシス主義者によって書かれたこの笑いはいったい何を意味するのか。

河野 一隆講談社

王墓は、王自らの権力欲のためのものではなく、人々が自ら進んで社会の存続を王に託した時に、はじめて誕生する。王墓は、王を神へ捧げるための舞台であり、権力や富の集中を防ぐために、人類が発明した優れた機構なのだ。古代史ミステリーの「定説」を覆す。

宮竹 貴久集英社

ゴーヤやマンゴーが日本全国の食卓に並ぶようになったのは、害虫根絶に人生をかけた想像を絶する戦いがあった。根絶事業に携わり、死闘の現場を間近で見てきた現役昆虫学者による奮闘の記録。

渡辺 政隆岩波書店

地球上の生命はみな、単独では生きてゆけない。動物と植物の持ちつ持たれつの関係や、驚きの生存戦略、進化と生態系をめぐる複雑な仕組みを、最先端の研究を踏まえ、時に皮肉も交え軽妙な筆致で綴る。視野の広さと確かな知見に基づく、生きものと科学への愛に溢れたエッセイ集。

唐木 厚講談社

講談社ノベルスだけでも180冊以上を担当し、メフィスト賞の創設にも携わった編集者・唐木厚。京極夏彦氏や森博嗣氏のデビューを世に問うた筆者が、いかに本づくりに打ち込んできたのか。編集者の仕事の本質に迫ります。

ジー・フィサメィ東洋経済新報社

ハイチ移民の子として生まれたアメリ任天堂の元社長兼COOのレジー・フィサメィ。DSやWii、Switchを世界市場に送り出した彼の人生とその途中で得た教訓を語る。

マウリ・ヴァルトネン/ジョアンナ・アノソヴァ/コンスタンティン・ホルシェヴニコフ/アレクサンドル・ミュラリ/ヴィクトル・オルロフ/谷川 清隆早川書房

SF大作『三体』に登場し、一躍知られるようになった天体物理学の難問「三体問題」。名だたる科学者たちを悩ませ魅了してきた宇宙の謎と、その解明を目指した人類の歩みの全貌を描いた科学ノンフィクション。

国広 ジョージ祥伝社

世界70カ国を訪れ、世界で建築文化を講義している著者による「建築の読み方」。建築界きっての国際派だからこそ書けたボーダーレスな教養書。

翼をください」で知られ、デビュー間もない24歳で音楽出版社「アルファミュージック」を旗揚げ、高校生だったユーミンの才能を見出し、「シティポップ」を次々と世に送りだし、YMOの世界進出を成功させる。多面的な活躍を貫く「村井邦彦」の美学の源泉。

岩井 圭也文藝春秋

奇人にして天才、カテゴライズ不能の「知の巨人」、その数奇な運命。世に認められぬ苦悩と困窮、家族との軋轢、学者としての栄光と最愛の息子との別離。野放図な好奇心で森羅万象を収集、記録することに生涯を賭した型破りな生き様。

佐川 俊彦亜紀書房

伝説の「元祖BL雑誌」の企画・創刊者が語る、華麗なる、やおいボーイズラブ、おたく、サブカルチャー前史。

鈴木 忠平文藝春秋

三つの時代、二千局以上を指し続けた羽生善治、そして彼と共に同じ時代を闘ったトップ棋士たちの姿を見つめながら、棋士という「いきもの」の智と業をも浮かび上がらせる。ノンフィクション三冠制覇を達成した『嫌われた監督』の著者の新境地。

今井 むつみ日経BP

間違っているのは、「言い方」ではなく「心の読み方」。「伝えること」「わかり合うこと」を真面目に考え、実践したい人のための1冊。『言語の本質』で「新書大賞2024」大賞を受賞した今井むつみ氏の書き下ろし最新刊。

NPB最高峰のヒットメーカーがバッティングの極意を実演解説。超一流のテクニックを伝授。

スコット・A・スモール白揚社

脳の機能としての「忘却」にまつわる驚きの発見。認知機能、創造力、メンタルヘルス、人格形成、そして記憶にも、「忘れること」が必要だった。

押村 知也扶桑社

1000軒以上の家づくりにかかわってきた著者が、100年後にも美しい家を建てる方法を記した一冊。住宅会社の都合によって決められてきた進め方や建て方を見直し、生活を本当に豊かにするための家づくりを目指します。

渡部 森哉中央公論新社

当時の人々が使用した言葉と具体的なモノに着目し、個別的な分析を積み重ねながらインカ帝国の全体像を生き生きと再現。ひいては、文字を持たなかったアンデス文明を普遍的な人類史的視野のもとに位置づけることを目指す野心的な試み。

菅俊一/田中みゆき/水野祐フィルムアート社

遊び心と創造力に満ちた、新しい「ルール」本の誕生。世界の見え方が変わっていく、「ルール×デザイン」入門。

ロラン・オプマンキネマ旬報社

ルーカスの生い立ちから、無名時代におけるスタジオとの戦い、『スター・ウォーズ』が誕生するまでの数々の苦悩と挑戦、そしてそれを支えてきた当時の妻や友人たちとのエピソード。このルーカスの成功物語は、それ自体が壮大な一大叙事詩ともいえる。

佐藤 健二筑摩書房

論文は、どんな基準で評価されるのか。論とはなにか、文とはなにか、そして書くとはなにか。新たな認識を自分で生み出すためのレッスン。「論文」とは謎解きの物語である!

ケイ・アンド・エー主婦の友社

食材のみじん切り器として人気のぶんぶんチョッパーを使って料理を作るレシピ本。日々のごはんづくりをサポートすること間違いなしの100品。作って楽しい、食べておいしい、そんな料理をぶんぶんして作りましょう。

阿部俊哉みすず書房

イスラエルパレスチナの和平交渉について、30年にわたる経過を客観的かつ丹念に跡づける。和平を目指して無数の文書や合意が交わされながら、いつも類似のパターンで潰えてきた。なぜなのか? 著者は1998年にパレスチナ事務所の立ち上げに関わり、2019年から2023年2月までJICAパレスチナ事務所長。

小関 順二草思社

2000年以降の迷走を続けたチーム編成と、「転換点」以降の驚異的な戦力向上の軌跡を徹底検証。著者はプロ野球のドラフト戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立したスポーツライター

尾久守侑晶文社

H氏賞受賞の詩人としても活躍する医師による、ユーモラスで大まじめな臨床エッセイ。切り捨ててしまったかもしれない部分をもう一度検討し直せる「倫理的なサイコパス」に私はなりたい――。

大人の巡礼倶楽部あっぷる出版社

千か所を超えるクメール王国遺跡。3年間をかけてカンボジア全土を巡った著者が、アンコールワットなどメジャーな遺跡から、日本人がまず行かないマイナーな遺跡まで、厳選した60か所を紹介する。

三上 毅一中央経済社

キャリア40年のベテラン広報パーソンが教える5ステップを実践すれば、メディアは動かせる。取材獲得に悩んだら読むべき1冊。

倉澤 治雄筑摩書房

宇宙の地政学は米ソから米中へ、国策から民間へ、国威発揚からビジネスへ、そして平和利用から軍民一体へと大きくシフトした。月探査から月基地建設、さらに将来的には、火星移住も計画されている。世界中で活気づく宇宙開発の最前線をぜんぶレポートする。

五味宏生マイナビ出版

ランニングテクノロジーは日々、進化しています。シューズの進化により走りが変わり、新たな理論が生まれます。その最新の理論の一つが本書でも紹介する「骨盤ティルト」です。本書で新走法をマスターしてライバルに差をつけてください!

世界一の人口、急成長する経済、グローバルサウスの盟主……国際舞台で存在感を増す「大国インド」。だが、足元では権威主義化が急速に進む。モディが首相に就任して以降、実態と離れた「大国幻想」を振りまき、一強体制を推進している。インドの実像と問題を冷徹な視点から描き出す。

カミキィ翔泳社

人気作家カミキィさんによる大人のおりがみ本。少しの間スマホを置いて、1人静かに手を動かしてみてください。美しいモチーフを無心で折っていくうちに、小さな達成感とともに癒やしの時間を感じられるはずです。

人類の破滅を防ぐための時間がもう残されていないのだとしたら、我々は今何をなすべきなのか? 現代思想の奇才が、西欧と世界で今起きている事象の本質をえぐり、混迷と分断渦巻く世界の「可能性」を問う。

ティーブン・ターンブル原書房

船上生活の掟から戦闘、装備、学ぶべき海賊の人物伝、引退後の処世術まで、18世紀の海賊が海賊として成功するために知っておくべきこと。

ジェレミー・クルーズ/シカ・マッケンジーフィルムアート社

俳優、映画監督、演技講師として活動する著者が伝授する演技の基礎知識。演技の練習方法は? どうすればキャラクターをもっと理解できる? 脚本はどう読めばいい?

ジェニファー・スピーク筑摩書房

キリスト教美術に描かれた図像の意味は? 竜・ザクロ・五芒星など膨大な項目を、アルファベット順に800以上網羅。西方東方両教会、あらゆる作品の読解きに役立つ、類書のないパーフェクトガイド。

バルバラ・シュトルベルク=リーリンガー人文書院

女傑、美女、慈母としての伝統的神話を解体する、ポスト英雄時代の新たな一代記。死後、何世代にもわたって美化され、偶像化されたマリア=テレジアの生涯を、膨大な史料に基づいて再構築し、ヨーロッパ近代史の中に再び位置づける。

衝撃の三冠達成から30年――。今でも根強い「最強の三冠馬説」と、謎に包まれた高松宮杯出走まで、「シャドーロールの怪物」の真実に迫る。伝説のジョッキーたちによって、いま初めて明かされる栄光と挫折の舞台裏。

宇佐和通笠間書院

長年にわたり都市伝説・陰謀論を収集、研究する著者が、書き込みのみならず、画像や映像にまで広がる世界のネットロアの最新情報を、ジャンル別に分類し解説。奇妙な世界の一端を垣間見させる一冊。

スタンリー・カヴェル講談社

ウィトゲンシュタインやオースティンの日常言語哲学から、ソローやシェイクスピアなどの文学、また映画、音楽をも横断し、これ以上なく透徹した論理と文体が、哲学の限界を切り開く。アメリカ哲学の巨人が遺した、哲学史に残る傑作。

NoMaDoS彩図社

マンガやアニメに登場する建物を切り口に、建築の面白さを解説。

バレエの回転マスターBook。

前田 圭介/東大カルぺ・ディエム星海社

古代から現代までの哲学者たちが思想を伝えるために考案した思考実験を精選し、その意図や現代的意義を解説。34の思考実験で、哲学・思想を楽しくマスター。

いまやお正月の風物詩となった、箱根駅伝。1987年、前代未聞の生中継に挑んだテレビマンたちの奮闘を描く傑作ノンフィクション。

奥山 俊宏岩波書店

戦後最大の疑獄事件とされるロッキード事件。発生から40年が経過した現在、当時の日米公文書の秘密指定が続々と解除されつつある。逮捕された田中角栄元首相はアメリカの虎の尾を踏んだのか? 新資料をもとに新たな視点から事件の謎を解明する。

スーザン・ケイシー亜紀書房

世界80%の海底には詳細図すら存在しない。地球人共通の財産である「深海」に、最先端の科学技術と冒険心あふれる深海飛行士[アクアノート]たちが挑んできた歴史と未来。

小林 エリカ文藝春秋

太平洋戦争末期、女学生たちは秘密の兵器を製造するため、東京宝塚劇場に集められた。いや、ここはもはや劇場ではない、中外火工品株式会社日比谷第一工場だ。彼女たちは今日から「ふ」、すなわち風船爆弾の製造に従事する――。知られざる少女たちの戦争の物語。

ストーリーテリングがプロダクトデザインにもたらすダイナミックな影響を紹介。プロダクトやサービスを利用する人がストーリーの主人公であり、その体験の主役たらしめ、より魅力的なユーザーエクスペリエンスを生み出すのに役立ちます。

清水 克行文藝春秋

私たちの知らない五百年前の日本。ホームレスから豪商への大出世もあるような、ダイナミックな社会に生きる人々は、何を考え、どんな暮らしをしていたのか。室町から戦国時代までの中世社会を専門に研究している著者が、身近な題材を手がかりに解説。

ハリー・ブリヌルビー・エヌ・エヌ

「ダークパターン(ディセプティブパターン)」の名付け親であるハリー・ブリヌル氏が、欧米のさまざまな事例を紐解きながらその全貌と、国を挙げての規制強化、今後の展望を解説するデジタル時代のクリーンなユーザー体験への手引きとなる一冊。

水野 仁輔グラフィック社

初心者でも失敗しないテクニックがいっぱい。スパイスからカレーを作りたいなら、はじめに読んでほしい本。基本のレシピは、1レシピあたり10ページ以上を割いて丁寧に説明。

鈴木文治現代書館

仏教とキリスト教における差別や排除、戦争責任の実態に迫る。不誠実な宗教者の態度は、驚くべきことに今日まで続いている。本書では、宗教者が差別を助長してきた歴史に斬り込み、宗教の本来的在り方を模索する。宗教界のタブーに挑む、元牧師による渾身の告発。

平野 晋弘文堂

「制御不可能性」と「不透明性」を軸に、優れたSF作品の教訓にも触れつつ、「ロボット法」を構想していくことの重要性を伝えます。増補第2版では、「AI法」が承認されたEUをはじめとするグローバルレベルの議論を踏まえ、AI利活用などについて加筆。AIガバナンスを考えるための鍵は、ロボット法にあります。

奥深いカクテルの世界を愉しむための決定版。総レシピ数は類書最多の430レシピ掲載。定番カクテル4種については、有名バーテンダー4名のレシピを見比べられる形で掲載。

ロバート・ジェラテリーみすず書房

著者はこの分野の卓越した研究者である。廃棄を免れたゲシュタポ調書等と、当時の新聞雑誌をていねいに読み、1933年のヒトラー権力掌握から1945年の敗戦までの「同意と強制」の真相をさまざまな方向から明らかにする。関連書のなかでは長く残る一冊として、本書は評価が高い。

栄芝/葛西 聖司淡交社

端唄、小唄界で他者の追随をゆるさない表現力と歌唱力で人々を魅了し続けている栄芝の一代記。

Will Larson日経BP

『スタッフエンジニア』著者が、エンジニアが活躍できる効率的でやりがいのある組織を作りたいリーダーへ贈るマネジメント本。エンジニアリングマネジメントのあらゆる課題について、よりよい解決策への道筋を示す。

近衞 忠煇/沖村 豪中央公論新社

武力紛争や自然災害などの危機の現場に半世紀あまり立ち続け、ぶれない人道主義を貫いた「赤十字人」の歩みを語る。日本赤十字社社長、また、アジア人として初めて国際赤十字・赤新月社連盟会長も務めた。

川田 利明宝島社

「してはいけない」逆説ビジネス学。「四天王プロレス」ばりに過酷な世界、レジェンドレスラーが明かすラーメン業界の裏。

加地 大介教育評論社

「右と左」「過去と未来」という基本概念を分析し、空間と時間にまつわるいくつかの哲学的問題に答えていくことを試みる。空間論と時間論という2大テーマを、著者の思考過程とともに平易に論じていく。

過剰な手間をかけずに効果的なリサーチを行う方法を解説。鍵は、適切な質問を立て、得られた回答を批判的に分析すること。未知の要素を最小限に抑え、最も効率的な方法で正確な情報を収集し、チームの時間とリソースを節約できます。

J.K.マウロ・ピエルコンティ鹿島出版会

戦後の世界の建築界に大きな影響を与えてきたイタリアのスカルパ。和書や日本に関する書籍を渉猟していたスカルパは日本建築のみならず、日本の伝統に心酔し、自身のデザインに取り込んでいった。スカルパには日本に来る必然的な理由があった。その謎を知るにはこの一冊を手にするしかない。

100年以上続く中部圏の企業50社を紹介した中日新聞長期連載「ももとせ物語」を書籍化。現代にまで息づく創業者の言葉、知られざるエピソード、新たなインタビュー記事など、その経営の秘伝に迫ります。

スイーツ狂いで元料理人のカメラマンが、スイーツ写真のお悩みを解決するために作りました。独学で写真をはじめた頃知りたかったカメラの基礎から、実際の仕事で使っている光の扱い方、スタイリングのテクニックまで、幅広い知識をコンパクトに解説。

ルイジ・ルキーニ集英社インターナショナル

ミュージカル『エリザベート』に狂言回しとして登場する暗殺者ルイジ・ルキーニ。ルキーニが獄中で記した回顧録と証言から、その真実の姿を探る。不幸な孤児はなぜ皇妃の暗殺者となったのか?

「日下」と書いて「クサカ」と読むことは知られている。ではなぜその漢字をあてるのか。そうした古代にまで遡られるとみられる言葉の謎を、地名のフィールド調査から解明する。

アナベル・ウィリアムズ晶文社

現在のペースだと男女間の賃金格差を解消するためには257年かかる――。格差が生まれる根本と平等に向けた具体策に迫る。257年待っていられないすべての人へ。

高須知二/岡本修/鈴木太郎/吉田紹一/高橋賢CQ出版

cm級GPS測位は、標準GPSとは桁違いの精度があり、クルマ/ロボットの自動運転から農業/建築への利用まで期待が高まっています。ずいぶんとカンタンに試せる新しいキットも増えてきました。本書ではcm級測位のしくみから注目キットの実験まで全体像がつかめるようにまとめました。

塚本 康浩幻冬舎

家族が入れ替わったことにも気づかないほど鈍感力が高いが、卵から取り出す抗体は感染症予防やがん治療、メタンガス削減に役立つとされ、世界中の企業が熱視線を送る。「ダチョウ博士」と呼ばれる著者が、面白すぎる生態から抗体の最新研究までを説く。

杉田 敦集英社

権力論・自由論研究の第一人者である著者が、ミル、ホッブズ、ルソー、バーリン、シュミット、フーコーという六名の政治思想家の名著をアクチュアルに読解。真偽不明な情報や言説が飛び交う中、よりよく生きるための羅針盤は、古典の言葉にこそある。

Carole K. Hooven化学同人

テストステロンが人間の体に与える影響は強大で、遺伝子や文化と協調し、男女の身体と行動を多種多様なものにする。本書は私たちがテストステロンを深く理解する機会を提供し、「ヒトとは何か?」という問いと改めて向き合うきっかけを与えるだろう。

加納 愛子筑摩書房

面白乱暴ひねくれ繊細鋭さ優しさ言葉への愛。Aマッソ加納の魅力全部のせ初エッセイが文庫に。

若宮 總KADOKAWA

システム障害中のためテキスト確認できず。

全日本情報学習振興協会 編集部マイナビ出版

AI活用アドバイザー認定認定試験は、AIの基本と、AIの利用動向を学び、現代人に必須となった「AI活用術」を学ぶ認定試験です。

中原 翔光文社

組織不正は、いつでも、どこでも、どの組織でも、誰にでも起こりうる。なぜなら、組織不正とは、その組織ではいつも「正しい」という判断において行われるものだからだ。

日野晃BABジャパン

言葉が身体を変える。言葉が生き方を変える。武術雑誌『月刊秘伝』17年に及ぶ人気連載から抽出凝縮。

先崎 彰容新潮社

貨幣経済が浸透し、社会秩序が大きく変容した18世紀半ば、和歌と古典とを通じて「日本」の精神的古層を掘り起こした国学者本居宣長。波乱多きその半生と思索の日々、後世の研究をひもとき、従来の「もののあはれ」論を一新する。

井手隊長秀和システム

ほかの人たちが知らない「ここだけの話」を聞き出す技術があれば、大きな武器になります。本書は、年間100本以上の連載を抱える取材のプロが、どんな相手からもとっておきの情報を引き出す技術を解説。寡黙な人、多弁な人、苦手な人とタイプ別にまとめ、効果的な攻略法と、さらに深く聞き出すコツがわかります。

津村 光則誠文堂新光社

著者は、天文ガイドの長期連載の執筆、確かな天体観察と写真撮影テクニックで知られる天文家の津村光則氏。各天体の基本的な紹介に加え、氏の長年の観測経験に基づく天体の見どころ、見つけ方を平易な文章で紹介。

リー・マッキンタイア国書刊行会

科学否定論者は何を考え、どう説得できるのか? 彼らはなぜ科学的証拠から目を背け、荒唐無稽な物語を信じてしまうのか? 最新科学の成果も交えて、エビデンスを嫌う人たちの考え方、説得の方法を考える。

坂田 阿希子/中川 たま/本間 節子/寺田 聡美家の光協会

坂田阿希子さんや中川たまさんなど、人気料理研究家4人が提案する、45種のアイスクリーム&シャーベットのレシピ集。この夏は、手作りならではの、格別な味わいを楽しんで!

早野 元詞朝日新聞出版

「老いない未来」が現実化する今、エイジング・クロックやエイジング・ホールマークスといった「老化を科学する」視点をわかりやすく解説。気鋭の生物学者が導く、寿命の進化の最前線。

堀米 薫くもん出版

芸能経験ゼロ、資金ゼロ、スタッフゼロからスタートし、20数年の時を重ねた芸能事務所リンゴミュージック。弘前から青森の魅力をたくさんの人に知ってもらおう、リンゴを手に取ってもらおうと、その魅力を発信する農業活性化アイドル「りんご娘」を生み育ててきました。

料理がもっと自由になる! 昆布やかつお節だけじゃない、ポップで楽しい「だしの実験室」へようこそ。

西村友作日経BP 日本経済新聞出版

創造的破壊を引き起こすデジタル・イノベーションが中国で次々と生まれている。そのイノベーションはどうやって起こったのか、何が突き動かしたのか、今後どうなっていくのか。デジタル金融プラットフォーマーを勃興から調査してきた中国・対外経済貿易大学教授が、メカニズムを解明し、課題を明らかにする。

岡倉 登志筑摩書房

日本美術の発展に大きな功績を残した世界的知識人・岡倉天心の全米ベストセラー『茶の本』の魅力とは何か。天心の曾孫にあたる歴史家が多角的に徹底解説。

辻本 昭彦東洋館出版社

法政大学「学生が選ぶベストティーチャー賞」を3年連続受賞&殿堂入り。伝説的な授業実践の根幹にある考えは、「自己肯定感なくして主体性は生まれない」。中学校教員時代から現在に至るまでの豊富なエピソードを通して、「主体性」とは何なのかを問い直す。

岡田大介大和書房

ベストセラー『おすしやさんにいらっしゃい!』の釣り好きのすし職人が贈る、一風変わった「すし図鑑」。すしってこんなに、自由だった!

小塩 隆士筑摩書房

「個人の幸せ」を出発点としている経済学が、「社会の理想」を議論できるのか。「経世済民」をとことん突き詰め、社会全体の「幸せ」について追究する一冊。

笹山 敬輔文藝春秋

喜劇ができれば、どんな役でもできる――。当代一の喜劇役者・伊東四朗の「むかし・いま・これから」を、約百年に亘る「東京喜劇史」を軸に鮮やかに描き出す本格的評伝。

小田 真規子/スケラッコポプラ社

朝食は食事にあらず「パズル」なり。読めば朝起きるのが楽しみになり、レパートリーが増えまくる。残りの人生「全朝食」が確実においしくラクになる。

デイヴィッド・ベイカダイヤモンド社

博覧強記の鬼才が壮大すぎる時空を一気呵成に縦横無尽。宇宙誕生から現代、未来まで怒濤の歴史を1冊に完全網羅。

神原 一光小学館

90年代、小室哲哉が起こした空前のムーヴメント。「人々が振り向く音楽とは何か」を学び積み重ねた成果だった――。いま明かすヒット誕生の記憶。

Steven van Deursen/Mark Seemannマイナビ出版

依存注入(Dependency Injection:DI)は関連性のあるパターンや原則を集めたものであり、その第一の目的は保守しやすいソフトウェアを構築することにあります。最初から最後まで一貫して依存注入について見ていくのですが、より優れたオブジェクト指向のプログラミングが行えるようになることも本書の目標としています。

リチャード・ショットン東洋経済新報社

「心の癖」を知れば、人の行動は変えられる。行動科学をマーケティングに応用する専門家が解き明かす、16と1/2の強力な心理バイアスと、ビジネスにおける実践例。

中村 一行日貿出版社

ドイツ東部・エルツ地方に文化として根付き、生活を彩る木工芸と、「木のマイスター」たちの主な工房の歴史を多数の写真と共に紹介。著者は長年の普及活動により、現地の優れた木工玩具に贈られる「Tradition&Form賞」功労賞を外国人で初めて受賞。

山川 恭弘講談社

全米アントレプレナーシップ教育で30年間1位を誇るバブソン大学が教える混沌と変化の時代への対応術。ドラッカー最後の弟子が説くマインドセットの転換法とは?

鈴木 千裕双葉社

一躍トップファイターの仲間入りを果たした二刀流格闘家・鈴木千裕による初の著書。有言実行で夢を叶えた「メンタルの秘密」を明かす。シビレる人生、生きようぜ!

金田健也ぱる出版

最強のチームは「成果が上がらない」と認識せず、「まわりの応援が足らない」のだと、まず考える。「全員が一人の仲間の応援部隊となることで、四方八方からサポートが入る仕組み」、つまり「囲い込む」体制を徹底する。

山本 高穂/大野 智講談社

ツボ・鍼灸漢方薬。解明が進む「東洋医学」のメカニズム研究最前線。まだ知らない「東洋医学」がここにある。

岸 惠子岩波書店

円熟の筆が紡ぎ出す渾身の自伝。卵を割らなければ、オムレツは食べられない。女優として、作家・ジャーナリストとして、国や文化の軛を越えて切り拓いていった、万華鏡のように煌めく稀有な人生の軌跡。

ジム・フリーマン光文社

オバマ政権下で教育改革に携わった著者がデータや事例をもとに、人種差別・不平等を助長することが超富裕層の利益へとつながる「戦略的レイシズム」の存在を暴き、格差社会のメカニズムに迫る。

平岡 淳子ナツメ社

その時々の旬の食材をさっとシンプルに調理して、好きな調味料で味わう――それだけで毎日の食事は豊かなひとときになります。

21世紀のフランスを代表する哲学者ジャン=リュック・ナンシーが「これまでで一番難しい」テーマ、嘘について語った楽しい哲学入門。ナンシーとその思索を明快に紹介した訳者解説とともに贈る、極上の招待。

山室 寛之新潮社

近鉄オリックス合併、史上初のスト、楽天の新規参入、ソフトバンクによるダイエーホークス買収――枠組みが大きく揺らいだ「史上最大の危機」には、今なお大きな謎が残されている。当事者による初証言と極秘文書を重ね合わせ、定説を一新する迫真のドキュメント。

デイヴィッド・ゲレス早川書房

ジャック・ウェルチは米国最強企業GEのCEOとして、飛躍的な業績の伸長と規模の拡大を実現した。だがそれは短期的利益のみを追求し、企業の未来を食い潰して築いたものに過ぎなかった。徹底的な取材で「二〇世紀最高の経営者」の虚飾を剥ぎ取る傑作評伝。

V林田文学通信

麻雀ブームの発生と青年向け漫画誌の勃興の中から生まれ始めた麻雀漫画。その半世紀の歴史を、漫画家、原作者、編集者へのインタビューと膨大な資料から明らかにする。

マリー・ルイーゼ・リッターサンマーク出版

ひとりでいることのさまざまな面を考察し、「ひとり」をポジティブにとらえるための勇気を与えてくれる一冊。著者はドイツで人気を誇る女性インフルエンサーであるマリー・ルイーゼ・リッター。

電子工作もプログラミングもはじめて挑戦する人のための、IoT電子工作の入門書です。1,300円程度の安価なマイコンRaspberry Pi Pico W」とMicroPythonで、かんたんにインターネットと連動する電子工作を楽しめます。

1000曲以上のアレンジを手がけ、サウンド志向の時代をけん引した、日本を代表する女性編曲家がはじめて綴った職業=アレンジャーへの思い。

いまだ「小田嶋隆が生きていたらなんと言っていただろう」という声が途切れない。それならと、誰よりも小田嶋隆と親しかった思想家が、小田嶋隆ラスト3年間のツイートと対話を試みた。

くらもと さちこ誠文堂新光社

北欧デンマークで1000年に渡って作り続けられているライ麦パン「ロブロ」。「ロブロ」をまるごと一本楽しむアイデアや、「ロブロ」を使ったシンプルな料理からおもてなし料理、お菓子の作り方まで満載。

この本が相撲業界の未来の発展に一役買うことを願って、10年の沈黙を経て全てここに告発いたします。

正方形の折り紙を切らずに用いることで、驚くほど楽しい世界を提供します。難易度の異なる作品が用意されていますが、どの作品も挑戦する価値があります。

甲斐 竜一朗講談社

30年を超える記者生活で警察庁・警視庁・大阪府警をはじめ全国の警察に深い人脈を築き、重大事件を追ってきた記者が明らかにする刑事捜査の最前線。

あばれる君ポプラ社

家族への信頼と愛情、芸人への想い、気象予報士挑戦……。あばれる君の誠実でまっすぐな人柄があふれる、はじめての書き下ろしエッセイ。

ジャムおにいKADOKAWA

システム障害中のためテキスト確認できず。

大石 始産業編集センター

北は秋田男鹿半島から南は沖縄宮古島まで、全国18ヶ所の地域に伝わる祭りや年中行事を丁寧に取材し異界にふれた「非日常=ハレ」の旅。

原田 浩二河出書房新社

全国で問題となっている「PFAS」。飲料水を始め、防水加工品や化粧品などにも含まれ、蓄積による健康被害が大きく懸念されている。その正体から、いかに身を守るかまでをまとめた1冊。

百瀬 文講談社

わたしの欲望や違和感は、ほかの誰かと分かち合うことはできるのだろうか。新進気鋭の美術家による清冽なエッセイ。

小室 真以人日東書院本社

ふだん目にする身近な植物で自然の色合いに染める。34種類の植物解説と536色の色見本。

瀨谷 貴之新潮社

「国宝クラス仏」とは、まだ国宝にはなっていないけれどいずれなっても不思議ではない、優れた仏像。歴史的に興味深く、造形的に魅力溢れる33件を、美しい写真と最新の学説を踏まえた解説で案内。

ティーヴン・M・コスリン/ベン・ネルソン東信堂

シリコンバレーの実業家らによって創られ、様々な独自性を有するミネルバ大学は、新規性や入学難易度の高さから注目されるようになった一方、内実の多くは知られていない。どのような教育実践が行われているのか? 携わってきた人々によって編まれたミネルバの「設計図」。

水野 仁輔NHK出版

カレーの総合力を25年にわたって磨き続けた著者が紹介するのは、出来上がりのゴールイメージを具体的に持ち、そのゴールに向かうために何をするのかを考え抜いた「システムカレー学」。もうレシピは要らない。全てのカレーはイメージ通りにデザインできる。

美しい田舎町を駆け抜ける選手たち、道端で出会うヴァカンス中の人びとの熱狂──。普通のガイドブックには載らない、フランスの原風景を体験できる「特別な3週間」の道しるべ。

その男、偶像か、トリックスターか。NYを舞台に世界を熱狂させ続けたアーティストの稀有なる証言。時代の寵児は何を見、何を語ったか。唯一無二の決定的自伝。

藤井 久子家の光協会

コケ愛好家の著者から見たコケの魅力を紹介して人気を得た『特徴がよくわかる コケ図鑑』の新版。装いを新たに16ページ増、掲載種を200種に増やし、より魅力的になってリニューアル。

本橋 智光/橋本 秀太郎技術評論社

悪いサンプルコードと良いサンプルコードを紹介しながら丁寧にデータ分析の前処理を学べる技術書。

力道山未亡人」として好奇の視線に晒され、プロレスという特殊な業界に翻弄されながら、昭和・平成・令和と生きた、一人の女性の数奇な半生を紐解く。第30回小学館ノンフィクション大賞受賞作。

塚原 直樹化学同人

カラス被害にお困りのみなさま、まずはカラスを知ることから始めませんか? 魔法の対策は存在しないかもしれないが、カラスの行動や生態を理解すれば、対抗手段が見えてくる。カラス研究20年、エキスパートが伝授する「もっとも有効な」カラス対策。

白石 典之中央公論新社

モンゴル帝国研究に不可欠な文献『元朝秘史』。魅力に富む壮大な歴史絵巻を、現地での発掘調査に長年携わってきた考古学者が、新知見を踏まえて解説する。

三津家 貴也KADOKAWA

システム障害中のためテキスト確認できず。

ティボー エレンガルトPヴァイン

全世界に影響を与えた彼は、いったいどんな人物で、どんな人生を歩んだのか、ダブ・マスターの謎に包まれた生涯がいま明らかになる。

穂村 弘講談社

いつまでも迷子であり続ける人のための手帳です。これ一冊あれば、貴方もきっと迷子になれる。

ツバメアーキテクツTOTO出版

注目の若手建築家ユニット、ツバメアーキテクツが実践を通して得た気づきを綴る6章の論考と、分野の異なる3名の専門家との対談を収録した一冊。

満留 邦子成美堂出版

暑い季節にこそ食べたい涼やかな夏の風物詩、そうめん。でも、いつもめんつゆと薬味だけじゃつまらない。薬味たっぷりはお約束。冷たいのも温かいのも全部集めた決定版。

金 徳謙九州大学出版会

インターネット上に流通する膨大な量のデータを効率よく収集する、Webスクレイピングという手法を分かりやすく図説。膨大な量のデータの収集方法を習得することは、みなさんにとって大きな力になるでしょう。九州大学出版会。

荒木雅博カンゼン

超実戦的! 通算378盗塁。竜の韋駄天が野球の走塁技術を徹底解説。打者走者から始まり、走者一塁、二塁、三塁時のポイント、さらに走塁と裏表の関係にある守備側の注意点など、細かいところまで取り上げていく。

山平重樹徳間書店

武闘派にして交渉能力に長けた異能。引退後も波瀾万丈な運命をたどった、黒澤明の生涯を丹念に追ったノンフィクションノベル。

綿貫 豊/高木 昌興朝倉書店

野生鳥類の調査・研究に必要な知識をコンパクトに網羅。学生・研究者・愛好家のみならず、鳥類の調査に関わる環境評価の実務家にも必須の一冊。

われわれを魅惑するとともに恐怖へと陥れるスピノザの思想。その核心に迫るとともに、哲学者たちとの交差を描き出す。全集の編者を務めるスピノザ研究の泰斗による集大成。

図書館・旅行の新しい楽しみ方を提案し、好評を得たシリーズ第2弾。

大熊 雄一郎白水社

党・国家の中枢から翻弄される市井の人々まで、一人ひとりの声に耳を澄ませながら、幸福な全体主義国家を描いた。習近平指導部に肉薄して次々スクープを放ち、ボーン・上田賞を受賞した記者渾身の書き下ろし。

ルイ・ヴィトン本社に17年間勤務し、PRトップをつとめた「もっともパリジェンヌな日本人」が、どうすれば自分なりの生き方を貫くことが出来るのかを提案。パリジェンヌの生き方、恋愛、仕事術を学び、日々の生活で簡単に実践できる本。

タワーマン河出書房新社

管制塔やレーダールームなどで、無線やレーダーを駆使して航空機を誘導する「航空管制」。元航空管制官だからこそ語れる空港・離着陸・上空の緊張ドラマとは?

茂木 孝夫コスミック出版

プロだから知っている洗濯の真実! クリーニング屋さんが教える「脱ドライ」の洗濯術。著者が30年以上続けている講演会で参加者から寄せられた洗濯のお悩みとその回答を、ほぼ全てフィードバック。

森 三久KADOKAWA

システム障害中のためテキスト確認できず。

エミリー・ナゴスキー日経ナショナル ジオグラフィック

米国で50万部、世界28カ国で翻訳、世界中の女性たちが読んだエンパワーメントの書。「女性の体・性・快楽のメカニズム」を、米国の人気性教育者が最新科学をもとにやさしくひもとく。

炎上経験を持つ、やり込み系YouTuberの懺悔と狂気に満ちたゲーム生活。

木村 将之/グレゴール・ギミー日経BP

BMWが生み出し世界各地に広がった新しいオープンイノベーションベンチャークライアントモデル」を紹介。戦略的利益の実現を目指して「スタートアップの顧客になる」手法である。スタートアップの力を自社の戦略的な利益のために活用することを、再現性をもって実現する。

あいさわかずこ亥辰舎

日本のドールハウス業界を牽引するあいさわかずこ(日本ドールハウス協会会長)の作品集・アイテム制作のレシピ本。

小町 守技術評論社

新しい技術が次々と生み出されていく中で、自然言語処理の実装に関する知識は古びてしまう可能性を孕んでいますが、本書では自然言語処理システムの開発で必要となる普遍的な知識を中心に掲載。

勝丸 円覚幻冬舎

スパイやテロリストを監視し、そのミッションを未然に防いで国を守る公安警察。公安捜査官とは、日頃どのような活動をしているのか? 元警視庁公安部外事課所属の著者が、スパイとの攻防の生々しい事例を紹介しながら、スパイを見破る「手の内」を明かす。

岸田 奈美小学館

大丈夫な家族と大丈夫じゃない日々を、笑いと涙と他者への想像力とともに軽やかな筆致でつづる自伝エッセイ。

大坂なおみシャラポワ錦織圭カプリアティら指導した数々の選手を世界トップに導いたカリスマトレーナーが説く最強の健康メソッド。ベストパフォーマンスを発揮するために必要な「トレーニング」「リカバリー」「栄養」の3つのメソッドを徹底解説。

譚 ロ美小学館

日米を戦争へと導いたのはこの女傑だった。米国在住のノンフィクション作家が日・米・台を徹底取材した傑作評伝。

諏訪 恭一新潮社

宝石商の3代目にして海外ハイブランドとも協業した名店SUWAを経営、国立科学博物館では特別展の監修も務めた斯界のレジェンドが、宝石全般の楽しみ方から資産価値、店で買うときの基準までわかりやすく伝授。

世界的な鯨類学者が、イルカと人間のかかわりという視点から、スジイルカ、イシイルカ、ゴンドウクジラなどの多様な生きざまを描き、イルカの保全をはじめ、かれらとわれわれの未来を問う。

Harvinder Atwal翔泳社

20年以上にわたってデータアナリティクスの現場で活躍してきた著者が提案する、データ利活用を根本から効率化するための方法論。

青木淳王国社

京都市美術館」が2020年に「京都市京セラ美術館」としてリニューアルオープン。改修設計に携わった著者が本書で改修前と改修後の姿を図版を並列してそこに流れる「くうき」を再現する。6年ぶりの待望の最新建築論集。

渋沢寿一大和書房

里山資本主義」のパイオニアである著者が、曾祖父・栄一が目指した資本主義を検証しながら、これからの時代の自然と経済生活、未来の資本主義のあり方を提示し、名著『論語と算盤』を現代にアップデート。

魔術史研究の第一人者が「魔術」の歴史を徹底的に紐解く。呪文、護符、呪いなど、自らの欲望を実現させるために、悪魔、天使、霊などを操る技法が描かれた魔導書の歴史を250点超の図版とともに紹介。世界の魔術を解き明かす、まさに魔法の教科書。

渡邊剛アスコム

ロボット心臓手術件数5年連続世界一。絶対に失敗してはいけない状況で、40年にわたって命を救い続けてきた心臓外科の名医が教える、とっておきの心の整え方。

川奈 まり子笠間書院

怪談のプロ18名に、怪談作家である著者が取材。怪談に魅せられたきっかけや醍醐味、実際に経験した怖いエピソードなどを紹介。

塩澤 幸登河出書房新社

戦後雑誌の革命児、マガジンハウスの最高顧問・木滑良久の編集思想に、インタビュー、雑誌記事、発言を通して迫り、その人間性、人生観、社会観、編集技術や雑誌作りの秘訣を伝える。